脳性まひって何?定義から見えてくる近年の臨床像について

リハビリテーション

脳性まひって何?定義から見えてくる近年の臨床像について

理学療法の対象となる小児疾患の代表的なものに脳性まひがあります。

しかし、脳性まひというとなんとなく身体的な麻痺症状があるのかな?と思われる方がほとんどだと思いますし、なんだか難しそうで苦手意識があったりするのではないでしょうか。

今回は、そんな脳性まひという疾患について考えていきたいと思います。

意外と曖昧?脳性まひの定義から読み取れる臨床像とは?

厚労省によると、脳性まひは以下のように定義されています。

受胎から新生児期(生後4週間以内)までの間に生じた脳の非進行性病変に基づく、永続的なしかし変化しうる運動および姿勢の異常。進行性疾患や一過性運動障害または将来正常化すると思われる運動発達遅滞は除外する。

厚生労働省HPより

また、リハ専門職の中で広く使われている定義も存在しています。

脳性麻痺は運動と姿勢の発達が障がいされた一群をさす。その障がいは,胎児もしくは乳児(生後1 歳以下)の発達途上の脳において生じた非進行性の病変に起因するもので,活動の制限を生じさせる。脳性麻痺の運動機能障害には,しばしば感覚,認知,コミュニケーション,知覚,行動の障がいが伴い,時には痙攣発作がともなうことがある

Executive Committee for the Definition of Cerebral Palsy . 2005 より

この2つの定義を見てわかると思いますが、脳性まひという疾患はかなり広い概念でを表現されておりとても曖昧な定義をされています。

また、以前は脳が障がいされることにより身体の運動麻痺のみが主に現れるという定義でしたが、現在はそれだけでなく、感覚・認知・コミュニケーション・知覚・行動・痙攣発作などの障がいも伴うという定義になっています。

これは、主に身体運動面の障がいにアプローチする理学療法士にとって重要なことで、今や理学療法士だからといって身体運動面だけではなく、感覚・情緒・社会性などを考慮した治療を展開していかなければならないことを意味しています。

また、脳性まひはとても広い意味での疾患であると書きましたが、とりあえず周産期(出産する前後)に何かしらのエピソードがあれば、脳に障がいが発生するリスクが高まるために脳性まひと診断されることが多いように感じます。

つまり、後々成長したときに身体的な運動麻痺が残存していなかったり、前述したように感覚・コミュニケーション・社会性などの問題がみられなかったりするお子さんも含めて脳性まひと診断されてしまうということがあるということですね。

それだけ、脳性まひという疾患は曖昧で産まれたばかりのときは診断が難しいということが考えられます。

では脳性まひというと、どのような身体症状を思い浮かべるでしょうか。

多くの人が『身体の筋緊張が高く動作を行うことが困難な状態』という症状を考えると思います。

確かに四肢の麻痺分類によって個人差はありますが、筋の過緊張状態が動作を困難にすることが脳性まひの特徴ですが、近年はこの特徴が変化してきています。

ご存知のように日本の出生率は減少し、出生数も年間100万人に満たなくなってきました。

しかし、周産期医療の発展により多くの早産・低出生体重児の救命率が上昇し、むしろ低出生で産まれることによる脳性まひのリスクを抱えたお子さんが増加しています。

それに伴って脳性麻痺の臨床像も従来の過緊張をベースにした身体症状ではなく、低緊張がベースにあって重力下で姿勢や動作を保持することが難しいといった臨床像に変化してきています

また、今までにはあまり見られなかった経管栄養や酸素吸入、気管切開などの医療的なケアが必要なお子さんも増加してきています。

胎内(母親の子宮内)において急激な体重の増加が起こり始める在胎28週未満で出生するお子さんが多くなってきていることに関連しており、急激な体重の増加に伴う体幹中枢部の活動性の構築が十分でないままに出生することが身体の筋の低緊張や医療的なケアの原因であると考えられます。

まとめ

このように脳性まひの臨床像は周産期医療の発展とともに次第に変化してきています。

こういった変化もあることから脳性まひをより難しい疾患と捉えられてしまうかもしれませんが、脳性まひという疾患にとらわれず個人に合わせた評価と理学療法プログラムを考えていくことが大切です。

脳性まひという疾患を見るのではなく子どもそのものを見て評価・治療を行うこと、これが脳性まひという疾患を理解することにつながっていくのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました