近年増加している低出生体重児について理解しよう!

小児学

近年増加している低出生体重児について理解しよう!

日本の出生率は年々減少傾向が強く、一人の女性が生涯子どもを出産する人数は2人に満たなくなってきています。

出生率が低下すればその分障がいを抱えるお子さんの出生数も少なくなりそうですが、最近は周産期医療の発達に伴い低出生体重児が増加傾向にあります。

今回は近年増加してきている低出生体重児について考えていこうと思います。

低出生体重児とはどのような症状が見られるのか

出産に伴う母子への負担は大きいことに変わりはありませんが、周産期医療の発達により在胎期間が少なく小さく産まれてきても命が助かる可能性はかなり高くなってきています。

しかし、その分低出生体重児が増加したことにより今までのような障がい像ではなく新たな身体上の問題が出現するようになってきました。

ではどのような身体症状が現れるのかというと、身体の『低緊張』状態が見られる子どもたちが多くなってきています。

つまり、脳性まひのように上肢も下肢も筋緊張が高く、立ち上がりや歩行時に筋の過緊張が大きく影響するといったような症状ではなく、逆に上肢・下肢・体幹のいずれも筋が低緊張状態になってしまい、重力に逆らって身体を動かすことが難しいといったような症状が見られます。

つまり

低出生体重児は全身的に筋の低緊張状態が常に見られやすい

ということですね。

なぜ低緊張状態が見られるのかというと

胎生期の間に急激に体重が増加する時期があるのですが、それよりも前に出生してしまうためです。

胎児期に成長することで徐々に子宮内は子どもにとって狭くなってくるのですが、急激に体重が増加する時期に狭い子宮の中で丸まった姿勢をとることにより適度な筋緊張を維持できるようになってきます。

では全身の低緊張状態が見られるとどのように発達に影響があるのでしょうか。

全身が低緊張状態になるということは、重力に逆らって身体を動かすことが難しくなります。

そのため、産まれてきてから赤ちゃんの時期に動きたいという意欲があってもなかなか自分で動くことができません。身体を動かさなければ運動発達は遅れてしまいます。

そういった理由から例えば自分でうつ伏せができなかったり、歩き始めが遅かったり、大きくなっても野球・サッカーなどの球技が苦手であったり、縄跳び・鉄棒等の運動全般が苦手であったりなど様々な運動場面で影響が見られます。

ただ、脳性まひのように明らかな麻痺症状がある(筋が過緊張状態になる)お子さんは少なく、一般的には歩行が出来ないということはほとんどありません。

低出生体重児のお子さんの多くは、全身的に低緊張状態があり運動発達が遅れやすい傾向があるけれども歩行自体は可能になることが多く、日常生活は健常者のお子さんと同様に過ごすことが出来るようになってきます。

ただ、低出生体重児は脳性まひのような中枢性の疾患を合併するリスクも大きいため、周産期に何かしらのアクシデントがあり脳にダメージがあった場合は、医療的なケアが必要でなおかつ全身が重度な低緊張状態になってしまい、極端に自分で動くことが難しくなってしまうこともあります。

まとめ

このように近年の小児リハビリテーションの対象となる疾患は、低出生体重児が増加してきたことでその病態が変化してきています。

早産で生まれてきても救命されることが多くなりましたが、その分低出生体重児が増加し障がいを抱えてしまうリスクも増加してきました。

低出生体重児は、胎児期に十分に丸まった姿勢をとることで筋緊張のバランスを調整する経験が少ないために全身が低緊張状態になりやすくなります。

全身が低緊張状態になることで、重力に逆らって身体を動かす経験が少なくなり結果的に運動発達が遅れてしまったり、運動全般が苦手になってしまったりします。

また、低出生体重児であるということにより運動面だけではなく、知的・情緒・社会性の障がいである発達障害のリスクも高くなります。

低出生体重児はただ単に早く産まれてきて体重が軽い状態になるだけではありません。

こういった症状が見られるということをしっかり把握することで、運動発達全般がより理解しやすくなると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました