リハビリテーション

リハビリテーション

脳性まひの評価には欠かせない評価法である粗大運動能力分類システム(GMFCS)について知ろう!

はじめに 脳性麻痺は主に出生時から身体に麻痺症状が見られる小児疾患の代表的なものです。 理学療法の対象となる小児疾患の中でも最も歴史が長く、小児理学療法において昔も今も脳性麻痺が中心になっています。 そういった脳性麻痺の...
ストレッチ

腰椎椎間板ヘルニアに対するハムストリングスのストレッチについての検討

腰椎椎間板ヘルニアに対するハムストリングスのストレッチについての検討 腰椎椎間板ヘルニアは臨床でも遭遇することも多く、学生が臨床実習で担当することの多い疾患の一つです。骨盤の前傾を制限するハムストリングスは治療対象になりやすいのです...
リハビリテーション

脳性まひの原因になる脳室周囲白質軟化症って何?

脳性まひとは? 脳性まひとは??と思われる方はこちらを記事を参照してください。 脳性麻痺の病因となりやすい疾患は大きく分けて3つあります。 1.脳室周囲白質軟化症(以下;PVL) 2.脳内出血(以下;IVH) ...
リハビリテーション

脳性まひって何?定義から見えてくる近年の臨床像について

脳性まひって何?定義から見えてくる近年の臨床像について 理学療法の対象となる小児疾患の代表的なものに脳性まひがあります。 しかし、脳性まひというとなんとなく身体的な麻痺症状があるのかな?と思われる方がほとんどだと思いますし、な...
リハビリテーション

脳性まひにおけるタイプ分類と身体分布について

脳性まひにおけるタイプ分類と身体分布について 脳性まひは、その臨床像の多様さから麻痺のタイプがいくつかに分かれており、麻痺の身体分布も様々です。 今回は脳性まひにおける麻痺のタイプ分類と身体分布について考えていきたいと思います...
リハビリテーション

腸腰筋の屈曲以外の作用について解説!

腸腰筋の屈曲以外の作用について解説! 股関節屈筋としてまず第一に頭に上がるのは腸腰筋だと思います。 腸骨筋と大腰筋合わせて腸腰筋と呼びますが、学生時代にはこの2つの筋肉を分けて考える必要性について全く考慮していませんでした。こ...
リハビリテーション

棘下筋の機能解剖について解説!

棘下筋は肩の回旋筋腱板(ローテーターカフ、以下腱板)の一つで、外旋の機能を有します。しかし、角度によっては棘上筋の機能を代償し、屈曲に関わることをご存知でしょうか。この記事ではそんな棘下筋の機能解剖について解説します。 棘下筋の解...
リハビリテーション

脛骨大腿関節の屈曲ROM拡大のポイントを解説!

脛骨大腿関節の屈曲ROM制限は臨床でも多くみられる問題です。 以前若いPTからこのような相談を受けました。 「凹凸の法則に従ってROMを行なっているがなかなか効果が出ない」 それには理由がありますので、それを解説していき...
ストレッチ

SLRとラセーグテストに違いについて

以前学生指導をしていた時に、腰椎椎間板ヘルニアに対しての整形外科検査を質問すると SLRテストとラセーグテストは同じですか? という返答が返ってきました。 この記事ではその違いについて説明していきたいと思います。 ...
リハビリテーション

変形性膝関節症に対する膝伸展筋の筋力強化の意味合い

変形性膝関節症(以下膝OA)患者への大腿四頭筋訓練は一般的であり、医師からの指導も多々行われるものです。しかし、若いPTや学生が患者さんへ「膝OAに対して、大腿四頭筋強化は痛みに対して有効である」との説明をしている場面に遭遇しました。何を...
リハビリテーション

外反母趾や扁平足に対する理学療法のポイントを解説

外反母趾や扁平足といった足部の機能障害は臨床上よく遭遇する症状の一つです。いろんな教科書を見てもポイントとして内側縦アーチの落ち込みがあり、そこに対してのアプローチが記載されています。しかし、内側縦アーチのアプローチのみで改善した症例は少...
リハビリテーション

膝関節におけるLateral thrustの病態とその治療法を解説!

以前実習で担当した学生に質問したところ、「Lateral thrustは内転筋を鍛えることで膝関節中心の外側動揺を抑えれば良いと考えます」と答えました。学校でもそう習ったとのことですが、果たして内転筋のトレーニングだけでLateral t...
リハビリテーション

腰椎すべり症に対しての理学療法のポイントを解説!

腰椎すべり症とはその名前の通り腰椎が通常よりも滑っている状態の疾患です。その腰椎すべり症に対しての理学療法をどうしていくべきか、疾患の特徴から解説していきます。 腰椎すべり症とは? 腰椎は生理的に前弯しており、常に前方へすべり...
スポーツ

前鋸筋の共同筋は?体幹部に注目しよう!

肩関節運動を見ていく上で前鋸筋は非常に重要な筋肉の一つです。肩甲上腕リズムにおける上方回旋は前鋸筋の働きによるものになります。この前鋸筋の働きを高めるために体幹部の機能も重要になります。この点を解説していきます。 なぜ前鋸筋...
スポーツ

上腕骨外側上顆炎への鑑別評価と介入について

はじめに  現場で活動を行うにあたって必要なスキルの一つが、評価の適格性です。より的確な評価を行っていくためにも、医学的な観点だけではなく、解剖学に基づいた鑑別評価にも取り組む必要があります。今回は理学療法士として評価をして考察を行...
リハビリテーション

肩関節周囲炎への介入~烏口上腕靭帯に着目して~

【はじめに】 肩関節周囲炎の発生要因は多岐に渡り、原因追求のための様々な評価を必要とします。そのため、病期などの病態に関する知識は絶対的に必要とされます。今回紹介をした知識はそのなかでもほんの一部になりますが、今後の臨床への一手助け...
タイトルとURLをコピーしました