小児学

リハビリテーション

脳性まひの評価には欠かせない評価法である粗大運動能力分類システム(GMFCS)について知ろう!

はじめに 脳性麻痺は主に出生時から身体に麻痺症状が見られる小児疾患の代表的なものです。 理学療法の対象となる小児疾患の中でも最も歴史が長く、小児理学療法において昔も今も脳性麻痺が中心になっています。 そういった脳性麻痺の...
小児学

ギャラント反射について

ギャラント反射について ギャラント(ガラント)反射とは、出生直後から見られ始める原始反射の一つです。 原始反射には様々な反射がありますが、ギャラント反射もそのうちの一つです。 名前だけではどのような反射なのかイメージがつ...
小児学

非対称性緊張性頸反射(ATNR)について

非対称性緊張性頸反射(ATNR)について 出生して間もない時期から見られる反射に原始反射というものがありますが、その中に非対称性緊張性頸反射(Asymmetrical Tonic Neck Reflex;以下ATNR)があります。 ...
小児学

デュシェンヌ型筋ジストロフィーはすぐに歩けなくなるわけではない

デュシェンヌ型筋ジストロフィーについて 筋ジストロフィー(以下;筋ジス)は、出生直後から発症する筋肉の遺伝性疾患です。 筋ジスの中にはいくつかの型があり、その中でも最も多いのが『デュシェンヌ型筋ジストロフィー』と呼ばれる型の筋...
小児学

近年増加している低出生体重児について理解しよう!

近年増加している低出生体重児について理解しよう! 日本の出生率は年々減少傾向が強く、一人の女性が生涯子どもを出産する人数は2人に満たなくなってきています。 出生率が低下すればその分障がいを抱えるお子さんの出生数も少なくなりそう...
リハビリテーション

脳性まひの原因になる脳室周囲白質軟化症って何?

脳性まひとは? 脳性まひとは??と思われる方はこちらを記事を参照してください。 脳性麻痺の病因となりやすい疾患は大きく分けて3つあります。 1.脳室周囲白質軟化症(以下;PVL) 2.脳内出血(以下;IVH) ...
リハビリテーション

脳性まひって何?定義から見えてくる近年の臨床像について

脳性まひって何?定義から見えてくる近年の臨床像について 理学療法の対象となる小児疾患の代表的なものに脳性まひがあります。 しかし、脳性まひというとなんとなく身体的な麻痺症状があるのかな?と思われる方がほとんどだと思いますし、な...
リハビリテーション

脳性まひにおけるタイプ分類と身体分布について

脳性まひにおけるタイプ分類と身体分布について 脳性まひは、その臨床像の多様さから麻痺のタイプがいくつかに分かれており、麻痺の身体分布も様々です。 今回は脳性まひにおける麻痺のタイプ分類と身体分布について考えていきたいと思います...
タイトルとURLをコピーしました