RICEの法則

スポーツ

心肺蘇生は必要なくても、日常生活でけがをすることは多々あるはず・・・

そのようなときに覚えておいてほしいのは、RICEの法則です。

RICEの法則とは、スポーツ時などに外傷を受けた際、医療機関を受診する前に実施することができます。つまりこれは、外傷治療のファーストステップといえます。

  • R:Rest(安静)

損傷部位の神経・血管の損傷を防ぐために患部を安静にしてください。

  • I:Icing(冷却)

外傷によって血管が破たんした場合、受傷部位より抹消側に血液を流すことができず、2次性の低酸素障害をきたし、細胞壊死を起こします。

これを起こさないために患部を冷却します。こうすることで、抹消の細胞の活動を抑え、酸素需要量を減らすことができ、細胞壊死を防ぎます。

  • C:Compression(圧迫)

患部を中心に圧迫してください。

圧迫することにより、患部の内出血や腫脹をおさえることができます。

しかし、強すぎる圧迫は循環障害をきたすため、静脈を押さえる程度で大丈夫です。

動脈を止めるほどの圧迫は危険です。

  • E:Elevation(挙上)

患部を挙上してください。患部を挙上することにより、内出血を押さえることができ、腫脹の軽減を図ることができます。

理想的には、患部を心臓より高い位置に挙上することです。

これらを実施すれば、突き指などの外傷はほとんど症状がなく治癒します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました